境内改修工事について

 ただいま、金龍寺は令和5年6月15日の弘法大師ご生誕1250年の記念事業として観音堂および、山門まわりの改修工事を行っております。工事期間中は山門(北側)が不通となるため、ご参拝の方は東門よりお入りください。


令和3年(2021年)12月の工事状況:観音堂の外壁工事は終了しました。

今後の工事は、山門から本堂への石畳、本堂入口、収蔵庫、ふすま絵、駐車場、外壁、山門塗り直し、仁王像の修繕を行います。改修工事は令和4年9月完了予定です。